Afternoon of a Faun

2015-16年 video/blu-ray 5m27s
企画、協力:BONUS、木村覚 音楽:大谷能生

 「ニジンスキーのバレエ『牧神の午後』をモチーフに映像作品を制作してほしい」という、ダンス評論家木村覚氏からの依頼により実現した作品。
 原作のバレエでは、湖畔のニンフ達と、彼女らに一目惚れして求愛する牧神の様子が描かれている。
しかし作者はこれを牧神の自己愛の物語に読み替えた。この映像作品の牧神はニンフには興味を示さず、セルフィー棒で自らの姿をうっとりと撮影し続ける。一方ニンフ達は、ナルシスト牧神の体を持ち上げ、振り回し、自分の世界に引きこもる牧神を邪魔しようとする。最後には牧神は凶暴化したニンフ達によって引きづり回され、目を覚ます。
 音楽はサックス奏者・大谷能生氏に担当して頂いた。ドビュッシーの原曲をアレンジしたものとなっている。




This video work was based on the request by Satoru Kimura (dance critic), to create a video using Nijinsky’s ballet “Afternoon of a Faun” as a motif.
The original ballet depicts alluring nymphs by a lake, and a faun who in his attraction to the dancers, attempts to seduce them.
Takata however, recreated the ballet into a story of the faun’s own narcissism. In Takata’s version, the faun shows no interest in the nymphs and continues to take photos of himself with a selfie stick. On the other hand, the nymphs lift and swing the faun’s body attempting to disturb the complete absorption he has for his own world. In the end, the faun finally wakes up after having been dragged around by the nymphs who have gradually become violent.
The music is an arrangement of an original musical composition by Debussy and played by saxophonist Yoshio Ootani.

 ↓ここに、色々まとめられています。「BONUS 第2回超連結クリエイション「牧神の午後」編」

http://www.bonus.dance/creation/34/