Afternoon of a Faun

2015-16年 video/blu-ray 5m27s
企画、協力:BONUS、木村覚 音楽:大谷能生

”ニジンスキーのバレエ『牧神の午後』をモチーフに映像作品を制作してほしい”という、ダンス評論家木村覚氏からの依頼により実現した作品。
 原作のバレエでは、湖畔のニンフ達と、彼女らに一目惚れして求愛する牧神の様子が描かれている。
 しかし僕はこれを牧神の自己愛の物語に読み替えた。この映像作品の牧神はニンフには興味を示さず、セルフィー棒で自らの姿をうっとりと撮影し続ける。一方ニンフ達は、ナルシスト牧神の体を持ち上げ、振り回し、自分の世界に引きこもる牧神を邪魔しようとする。最後には牧神は凶暴化したニンフ達によって引きづり回され、目を覚ます。
 音楽は大谷能生氏に担当して頂いた。ドビュッシーの原曲をアレンジしたものとなっている。

 ↓ここに、色々まとめられています。「BONUS 第2回超連結クリエイション「牧神の午後」編」

http://www.bonus.dance/creation/34/